消火器の使い方

災害防止の観点からいうと使う機会がない方がいいのですが、万一にそなえて消火器の使い方を覚えておいてください。火災を大きくしないためには素早く消火することが大切です。

 

消火器はいつでも使えるところに置いておきましょう。

 

消火器の使い方

 

1. 消火器を障害物にぶつけたりしないよう注意しながら、火災の起きている場所近くの消火に安全な場所まで運びます。

 

あまり離れすぎていると、火への放射前に薬剤が尽きてしまいます。燃え上がる炎や煙に惑わされず、放射距離を考えて安全な所まで火元に近づきましょう。低い姿勢で熱や炎を避けるようにして、徐々に近づきます。概ね2〜8m手前を目安とします。

 

2. あわてずに消火器上部の黄色の安全ピンを引き抜きます。

 

3.ホース、ノズルを持って火元に向けます。
ホースの先端をしっかり持ちましょう。そうしないと放射の圧力などからねらいが定まらない場合があります。

 


4. レバーを強く握る。
自分の身を守りつつ効果的に放射する位置に付き行動します

 

消火器が重く、狙いが定め難い場合、消火器を置いたままレバーを握って放射する方法もあります。

 

5. 薬剤を放射
火元を目掛けて噴射。屋外で使用する場合は風上から消火しましょう。炎や煙にまどわされずに火元にノズルを向け、火元をほうきで掃くように左右に振り消火する。

 

天ぷら油火災は、放射する勢いで火炎が返ってきたりした場合危険ですので、いったん壁などに当てましょう。

 

放射時間は、消火器の種類や薬剤の量により異なりますが、意外と短いです。粉末消火器で15秒程度、強化液消火器で30〜70秒程度です。放射時間や放射距離は本体に必ず表示してありますので、日頃から確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク