消火器 設置

実際の設置にあたって

 

消火器の設置場所は意外とわからないものです。ここでは消火器の設置場所についてお教えします

 

まず、いつでも手の届く目立つ場所に設置しましょう。せっかく購入した消火器も、使う機会がないからといって押入の奥にしまい込んでは意味がありません。

 

すぐに持ち出せる場所に設置することが最も重要と言えます。

 

たとえばキッチンではコンロ火災が多く、コンロ近くに消火器を設置してしまうと、いざという時に炎などで近寄れず、消火器を使えなかった、なんていうことが起こりえます。

 

設置場所はいつでも手の届く目立つ場所、さらに覚えやすい場所を選びましょう。

 

ひと言に住宅といっても、さまざまな場所があり、どこに消火器を置けばいいのか迷います。また基本的な設置の目安は玄関に1本、キッチンに1本、2階に1本が理想的です。

 

その他にもお年寄りのお部屋にはひとつは欲しいところです。なぜならお年寄りは集中力や思考力の低下で火事を起こしやすいからです。

 

さらに移動速度も遅いため火事の危険度が上がるのです。

 

高齢者の方や身体のご不自由な方のお部屋には自動的に消火できる住宅用自動消火装置の設置をお勧めします。

スポンサードリンク