火災予防

普段からのちょっとした心がけで大切な家族の命と住宅を火災から守ることができます。ご家庭内の火災につながる危険を少しでも多く排除しましょう。

 

住宅火災の多くは、住んでいる人のちょっとした不注意が原因です。次のことを注意しているか、確認しましょう。

 

家の周囲に燃えやすい物を置かない

放火が火事の原因一位です。放火犯は大抵ライターひとつで行動します。つまり燃えやすそうな家(新聞紙や雑誌など)を探して犯行に及ぶのです。燃えやすそうなものを置いでおくという事は放火犯の的となることになるのです。

 

タバコの扱いに注意する

タバコは日常でよく使用するものなので慣れてしまっている場合があります。火事の原因2位です。タバコは灰皿のある場所で吸うようにし、灰皿には水を入れておくようにしましょう。火のついたままのタバコの放置は絶対にしないようにしましょう。

 

消火器、住宅用火災警報器を設置する

火事の早期発見、火事の早期消化に非常に有効的です。火災警報器は火事が起きやすい場所、人がよくいる場所に設置しましょう

 

就寝前・外出前には必ず火元確認

就寝前・外出前には必ず火元確認をしましょう。仮に火の元を付けっ放しで外出してしまうと初期消火すらできず、家の全焼の可能性が高くなります

 

てんぷらを揚げる時は注意する

油もの火災の主な原因は電話や来客などで、その場を離れることで起きます。移動するときは必ずコンロの火を消してからにしましょう。

 

風呂の空だきをしない

風呂の空だきをしない。火事の原因によくなっています

 

子供には火に関わるものを使わせない

子供はマッチやライターに興味を持っていますので、目の付くところに置き放しにしないようにしましょう。キッチン類も大変危険ですので一人では使わせないようしましょう。

 

電気機器はまめに掃除、たこ足配線はしない

コンセントなどのほこりがたまると発火する恐れがありますので、こまめにきれいにしておきましょう。長期間外出するときはプラグを抜く。また、たこ足配線はほこりがたまりやすく、発熱を起こしやすい事を覚えておいてください。

 

ストーブには燃えやすい物を近づけない

ストーブも火事の原因によくなりますが、大抵はストーブに燃えやすいものを近づけていたことが原因です。カーテンの近くにストーブ、カーペットの近くにストーブ、近くで洗濯物を乾かす行為も危険ですのでやめましょう。

スポンサードリンク