火災報知器

住宅用火災警報器の設置

 

消防法の規定では、新築、既存問わず、全ての住宅に火災警報器の設置が義務付けられます。住宅として使用されているもの全て対象となります。

 

義務化された理由は住宅火災では、火災に気付かず逃げ遅れて犠牲になるケースが多く、米国や英国などではいち早く住宅に火災警報器の設置が義務付けられました。

 

そして米国では、その普及に伴い住宅火災による死者数が半減したことにより、日本でも、すべての住宅を対象に住宅用火災警報器の設置を義務付ける消防法の改正が行われました。

 

住宅用火災警報器とは

住宅用火災警報器は、家の壁や天井に設置することで、火災の初期段階で発生する煙や熱を自動的に感知し、ブザーなどの警報音や音声により火災の発生をいち早く知らせる装置です。

 

住宅用火災警報器には種類があり、大まかに分けると、煙式(煙を感知するもの)と熱式(熱を感知するもの)があります。

 

また、台所用として火災とガス漏れを両方感知できる複合式などもあり各家庭に適したものを選ぶといいでしょう。

 

また、電源の種類については、取り付けが簡単な電池式と、配線工事や取り付け位置付近にコンセントが必要な交流電源式の2種類があります。

 

詳しい選び方は火災警報器の選び方をご覧ください

スポンサードリンク