消火方法

火災の消化活動は危険がつきものですから、消防士に任せて安全第一に行動したほうが安全です

 

しかしまだボヤの場合など早急に行ったほうが良い場合には適切な行動で鎮火に当たる必要があります

 

もちろん一番の消化方法は消火器です。油もの、タバコ、ストーブ、壁、と何に対しても効果的です。仮に消火器で鎮火できない場合はその他の方法での消化は難しいでしょう

 

火事を発見したらすばやく消火器を手に取り、消火に当たりましょう。その場合、火の煙が室内に充満しているかどうかを絶対に確認しましょう

 

基本的に水での消火は危険が伴うためお勧めできません。余計火が広がってしまう場合や、感電などの可能性があるからです

 

油モノの出火の場合

油が入っている鍋に火がついたら、まず落ち着いて、ガス栓やコックを閉めることが大切です。火で近づけない場合は消化し終えてから行います。ガス漏れの危険があるからです。ただ危険や火で損傷が激しい場合は消防士に任せるようにしましょう

 

一番してはいけない事が油に火がついた時に水をかけることです。物凄く危険ですので絶対に止めましょう

 

空気を遮断することにより消火するため、鍋蓋で密閉してしまう、シーツなど広い布を充分濡らして、大きく広げて手前から向こうへかぶせる。(炎でのやけど等に十分注意してください)、などが効果的です

 

電機器具から火が出た場合

まずブレーカーを落とします。仮にいきなり水をかけると感電や急冷却により爆発などの危険があります。

 

その後コードを抜き、空気を遮断することによる消火のため、シーツや毛布などの広い布を水で濡らして、大きく広げて手前から向こうへかぶせる。(炎でのやけど等に十分注意してください。)

 

石油ストーブが燃え出した場合

これは火の勢いが強いため消火器以外は効果的ではありません(油火災対応のもの)を使い、燃えている火元に向け消火する。

 

カーテン・ふすま・障子が燃えた場合

火事の原因はタバコの火の不始末によるものが多く、それが原因でカーテン・ふすま・障子など燃えやすいものに移りやすいです。

 

カーテンなどは上に燃え広がる前の対処が重要です(消火器でも天井まで炎が達すると消化が難しくなります)ので、カーテンに火がついたら引きちぎって消火し、ふすまや障子は蹴り倒してから座布団や足で踏み消す。(やけどや衣服への飛び火に気を付けてください。)

 

鎮火した後でも火というものはくすぶっている場合がありますので可能ならば風呂に水をため浸しておきましょう

 

 

やはり一番効果的な消化方法は消火器を使い、燃えてる部分に直接噴射し消火することです。

 

また、万一の火事に備え、消火器の用意や日頃の訓練が大切です。地域の防災訓練などに参加して、消火器の使い方を覚えておきましょう。

スポンサードリンク