蓄圧式消火器

蓄圧式消火器の特徴を挙げていきます。基本的に蓄圧式消火器が加圧式消火器に劣っているところはありません。

 

消火器シェアNo.1のヤマトプロテックも蓄圧式消火器にシフトしていくと宣言しており、金額などを考慮に入れなければ蓄圧式消火器にしたほうがいいでしょう。

 

特に優れているのが安全性、品質管理、利便性です

 

蓄圧式消火器は安全性が高いです。常に本体容器内部に一定の圧力がかかっており、万が一、本体容器が老朽劣化した場合も内圧が上昇することが無く圧力が容器外に漏れる為、事故リスクが少なく安全です。

 

品質管理としては、指示圧力計(圧力ゲージ)の針で品質を判断しやすく、規定の範囲内にあればいつでも使用可能です。窒素ガスのため、本体容器内の圧力変化が生じにくく、品質の維持力が高い。

 

利便性では、小さな力でレバー操作が可能。また、レバー操作で放射・ストップが全てに自由自在です。封板をカッターで破る力が蓄圧式だと加圧式に比べ4分の1の力しか必要としない。

 

そのほか、二酸化炭素を使用していないなど環境への負荷がかかりません。

 

Amazonで蓄圧式消火器の最安値を見比べる

 

Yahoo!ショッピングで蓄圧式消火器の最安値を見比べる

 

楽天で蓄圧式消火器の最安値を見比べる

スポンサードリンク