住宅用消火器 種類

消火器の種類・特徴について

 

ひとくちに消火器といっても、すべて同じではありません。それぞれに特性があるのでそれを理解して選ばなければなりません。

 

例えば、木や紙の火災には水系消火器が有効ですし、油脂類の火災には粉末消火器、泡消火器が効果的です。火災の種類に応じた、適材適所の使い方が最高の防火対策になるという事です。

 

火災の種類と消火器の種類
まず知らなくてはいけないのが、火災の種類に応じて、適応する消火器があるということです。「普通火災」「油火災」「電気火災」をそれぞれA火災・B火災・C火災に分類しております。消火器によってはBCの火災に適応やABの火災に適応と使えない火災がある場合があります。消火には適合する消火器を選定し使用することが重要です。下記のマークが消火器にあるのが対応しているということになります。基本的にABCどれにも使える消火器がありますのでそれを使うのが一番良いと思います。これらすべての消化に有効な消火器をABC消火器という事があります

 

普通火災用

 

《A》普通火災

新建材、木材、紙、繊維など、固体の燃えやすいものの火災に有効。普通火災に対応する消火器は数多く、多くの消火器で消火することができます。

 

油火災用

 

《B》油火災

ガソリン、シンナーなどの液体性のもの、グリスなど半固体の油脂類の火災に有効。油火災では、水消火器を使用することができません。油火災を消火するためには、強化液消火器を使用するか、粉末消火器による抑制・窒息作用によって消火するのが一般的です。

 

電気火災用

 

《C》電気火災

電気器具、機械類など、感電の恐れのある電気施設を含む火災に有効。電気火災の場合、水消火器を使用すると漏電被害が広がるおそれがあり危険です。また、電気機器などには水損により使用不能となる恐れがあり使用には向かない。

 

次に、消火器には「加圧式」「蓄圧式」の二種類があります。詳しくは蓄圧式消火器加圧式消火器のページをご覧ください。

 

蓄圧式と加圧式では蓄圧式の方が優れており、主流になりつつあります。ただ個人的にはどちらでもかまわない程度の差だと思います。

 

最後に、消火器には中身が粉末、液体など種類によって違ってきます。消火活動を行う際の対象となる火災や設備への影響などが考慮され製品が分類されているからです。

 

消火活動の際に使用する消火器の内容物で特徴分けすると、以下のようになります。主な消化剤の粉末消火器強化液消火器二酸化炭素消火器はコチラのページで詳しく説明しています

 

粉末消火器

粉末の薬剤が広い範囲を覆って、火勢を抑制します。制炎性に優れていて、消火能力が高く、石油ストーブ周りや灯油タンク近辺にも適した消火器です。デメリットとして、粉末により視界が悪くなるため、若干消化し難いです。

 

強化液消火器

水性の消火器でAB(C)に対応します。消化液のかかった部分は鎮火されます。粉末消火器にくらべ放射時間、距離が長い反面、重く持ち運びに力が必要です。台所には、強化液消火器をお勧めします。

 

二酸化炭素消火器

炭酸ガスで窒息消火させるもので、消火の後に汚れが残らないのが最大の特徴。ですので電気関係などの施設でよく使用されています。

 

水消火器

水消火器はハンドルを上下に操作して水を放射します。ノズルに切替装置をつけて、霧状に噴霧するようにしたものもあります。電気火災には不向き。対応する火災はA火災。

 

化学泡消火器

泡消火器は窒息作用と冷却作用をもち、A火災・B両火災に適している事が多いものの、電気火災であるC火災には感電の恐れもあり不適当です。

 

ハロゲン化物消火器

炭酸ガス同様に汚れを残さないため使用されていましたが、オゾン層破壊の原因となるため、原則使用が禁止されました。家庭消火器には使えなく、コンピューター室、電話交換室などに限って使用が認められています。

 

などに分類することが可能です。

 

一般的に住宅に使用されている消火器は粉末消火器が多くの需要を占めております。ご参考までに
最安で消火器を購入したい場合は消火器を最安で買う方法のページをご覧ください

住宅用消火器 種類記事一覧

蓄圧式消火器

蓄圧式消火器の特徴を挙げていきます。基本的に蓄圧式消火器が加圧式消火器に劣っているところはありません。消火器シェアNo.1のヤマトプロテックも蓄圧式消火器にシフトしていくと宣言しており、金額などを考慮に入れなければ蓄圧式消火器にしたほうがいいでしょう。特に優れているのが安全性、品質管理、利便性です蓄...

≫続きを読む

 

加圧式消火器

蓄圧式消火器のページで述べましたが機能的には若干劣ります。一時放射ストップ機能があるものとないものがあるので注意。性能差は蓄圧式消火器のページをご覧くださいレバーを握ると、カッター(ポンチ)が加圧用ガス容器の封板を破封し、加圧用ガス容器内のガス(液化炭酸ガス・窒素ガス等)が、ガス導入管を通り、粉末消...

≫続きを読む

 

粉末消火器

粉末消火器粉末消火剤を炭酸ガスなどの高圧ガスで放射する消火器で、粉の種類によってABC粉末とBC粉末があります。全てに対応できる、ABC粉末の消火器を選ぶようにしましょう。現在最も普及しているのが、各種の粉末に燐酸二水素アンモニウムを用いたABC粉末消火器です。消火の作用は主に炎の抑制作用によるもの...

≫続きを読む

 

強化液消火器

強化液消火器水性の消火器でABCに対応します。消化液のかかった部分は再燃しにくくなるのが特徴です。強化液消火器は棒状に放射出来る物はA火災に対応、霧状に放射すればA・B・C火災といった多くの火災に対応出来ます。強化液消火器の特徴は高い消化力と扱いやすさという点です。動画で見る、どの消火器が優れている...

≫続きを読む

 

二酸化炭素消火器

二酸化炭素消火器とは、その文字のとおり、ボンベの容器内に二酸化炭素(CO2)を圧入したガス系消火器のことです。つまり、二酸化炭素を薬剤として使っており、その消火原理は主に窒息作用ということになります。そのため、二酸化炭素消火器最大のメリットは、粉末や強化液とは違い薬剤が周囲に飛び散らず、消火活動の損...

≫続きを読む

 

動画で見る、どの消火器が優れているか

消火器の種類によって、威力が違う、使い方が違う、と言っても理解し辛いかとおもいます。消火器の種類別の威力、どうやって使うか等は実際に見てもらったほうが、わかりやすいと思いますので動画でご紹介します。威力はもちろん距離や噴射時間、自分に使いこなせるかどうか、などを考えながら見るといいでしょう。粉末消火...

≫続きを読む

 

自動車用消火器

自動車用消火器は自動車用と表記されているものを選べば問題ありません。車内は夏場高温環境下になるため、それに耐えうる構造設計(-20〜105℃)となっており安全です。車の出火はエンジン周辺ガソリン火災・電気系統火災、普通火災とどれもありえますのでやはりそれらを想定している自動車用がいいでしょう。選ぶポ...

≫続きを読む

 

消火器 メーカー

主な消火器メーカー は以下があげられます宮田工業 (miyata)初田製作所(ハツタ)ヤマトプロテック(ヤマト)モリタ(モリタ)日本ドライケミカル (NDC)丸山製作所(マルヤマ)モリタユージー(旧・中央機器製作所→ユニチガード→ユージー)三津浜工業(ミツハマ)今枝製作所(イマエダ)消火器シェアNo...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク